相互RSS


【傑作機か】四式戦闘機疾風Part25【欠陥機か】

1 :名無し三等兵:2018/07/27(金) 12:54:17.91 ID:saan2K6J.net
四式戦闘機疾風について語る××××です。

(四式戦闘機一型甲 諸元)
・全長      9.92m
・全幅      11.24m
・全高      3.38m
・翼面積    21m2
・翼面荷重   185.24 kg/m2
・自重      2,698kg
・最高速度   624km/h(高度5,000m)
・上昇力    5,000mまで6分26秒
・武装 翼内20mm機関砲(ホ5)2門(携行弾数各120発)
      胴体12.7mm機関砲(ホ103)2門(携行弾数各250発)

(過去××××)
【傑作機か】四式戦闘機疾風Part24【欠陥機か】
http://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1515695702/

2 :名無し三等兵:2018/07/27(金) 12:54:51.67 ID:saan2K6J

新××××立てないまま食いつぶすんじゃない

3 :名無し三等兵:2018/07/27(金) 13:07:41.59 ID:hUBj3GWW

つかブサ厨はブサ××××放置すんな

4 :名無し三等兵:2018/07/27(金) 15:54:07.93 ID:PIR7He7V

>>1おつ

5 :名無し三等兵:2018/07/27(金) 16:23:14.96 ID:Yb9xzViu

>>1
950踏んだら次××××立てるとか明記しといたほうがいいな
前回切り番踏んでるのが全然立ててない

6 :名無し三等兵:2018/07/27(金) 17:15:38.61 ID:t6We172U

>>1型乙

7 :名無し三等兵:2018/07/27(金) 18:50:01.04 ID:nWojSqyU

>>前××××994
> となれば、火力で大幅に勝る零戦の方が脅威なんだよ。

戦闘機相手ならば20ミリは必要ないのよ。12.7ミリで十分だし、7.7だって大量に浴びせれば良い。
当たらぬ大口径よりも当たる小口径。
大きな爆撃機相手なら確かに20ミリは魅力的だが高高度を飛ぶ爆撃機まで上がれないのでは宝の持ち腐れ。
零戦は戦争初期の熟練乗組員の技量と相手のアメリカ軍の油断のお蔭で華々しい活躍をしたのは確かだが
熟練搭乗員を喪いアメリカ軍が対策するに従って、戦争後半では零戦は既に全く戦力的価値をほとんど喪失していた。
アメリカ軍の日本軍機識別帳にも零戦を相手にする際の注意書きはなくなったことが雄弁に戦争後半での零戦の客観的評価がどうだったかを物語っている。
四式戦・疾風に対してはもちろん、本来なら零戦と同じく古い世代の戦闘機である一式戦・隼についても「低空で戦うのは危険」という注意書きが残されていたのにね。

8 :名無し三等兵:2018/07/27(金) 19:44:40.26 ID:hUBj3GWW

つまり7.7mmを捨てた英独もアホーだったと

9 :名無し三等兵:2018/07/28(土) 00:32:14.43 ID:PfCYQ7fi

>>7
素人の浅知恵はそうかもしれないが
陸海軍共に20mmを対戦闘機戦闘で使っているのでまあオマエさんの珍説でしかないんだな

10 :名無し三等兵:2018/07/28(土) 03:47:38.73 ID:gHSZOYLa

>>9
> 陸海軍共に20mmを対戦闘機戦闘で使っているのでまあオマエさんの珍説でしかないんだな

だから帝国陸海軍の戦闘機は押し並べて愚かだったのだよ
対戦闘機戦闘は12.7mmで十分だったのさ、それはアメリカ軍戦闘機が対日本戦闘機の戦いで証明している

現代のジェット戦闘機に搭載される初速の高い20mm砲で携行弾数も多いのなら話は別だが
大戦当時の初速が遅くてすぐに後落し射程が短くしかも携行弾数が非常に少ない20mm砲は対戦闘機戦闘には向いてなかったのだよ
それを「大きければ大きいほど良い」という単純馬鹿の発想で戦闘機に積んだのが零戦を始めとする日本戦闘機の多く
エンジンだけでなく武装に関しても日本の戦闘機はアメリカ戦闘機に劣ってたのだよ、間違った発想のためにね

11 :名無し三等兵:2018/07/28(土) 03:54:26.18 ID:glo4CkHo

戦闘機は戦闘機の相手しかしないし日米の戦闘機は同等の防弾レベルだと思ってる人か

12 :名無し三等兵:2018/07/28(土) 14:00:22.42 ID:uP71m1jV

つかね・・・
誰しもほしいのは「相手が何であっても撃墜できる超すげー戦闘機」なのよな
「せんとうきあいての、すないぱーだから、7.7mmでもいいの!」
なんてのは正直、金の無駄にしかならん
強いて言えば「でも数が足りないんだもん」て場合の、ハイローミックスのローの方かな

13 :名無し三等兵:2018/07/28(土) 14:41:28.65 ID:gHSZOYLa

>>11
当たらない20mmより当たる12.7mm

14 :名無し三等兵:2018/07/28(土) 15:02:19.09 ID:DY+8fR5c

弾が無い20mmより弾のある12.7mm

15 :名無し三等兵:2018/07/28(土) 15:38:44.87 ID:d4aMB8ZE

海軍に配備された3式13mmは実際にパイロットから好評だったけど
陸軍のはマ弾の誤魔化しはあるにせよ、
所詮は劣化バージョンのホ103だからな・・・

16 :名無し三等兵:2018/07/28(土) 16:06:45.09 ID:glo4CkHo

>>13
89式の初速が820m/s
ホ103が780
ホ5が735
射撃距離は100m以内
誤差

23 :名無し三等兵:2018/07/29(日) 13:02:04.99 ID:AtNU8XBQ

14,5ミリ弾は装甲50ミリ貫徹可能とされ
そのマズル・エネルギーは50口径ブローニングの約二倍に当たる

戦後は14,5ミリ重機関砲はワルシャワ条約機甲軍で主力重機をなした

またベトナム戦争でアメリカの得意とするヘリ空中騎兵師団を阻止したのは
ベトナム人が穴をほって、地下塹壕から14ミリ機銃で撃墜したためだと言う

18 :名無し三等兵:2018/07/28(土) 22:01:57.61 ID:PfCYQ7fi

ID:gHSZOYLaはくだらない素人考え捏ねる暇があるなら夏休みの宿題やってろよ

19 :名無し三等兵:2018/07/28(土) 22:34:53.86 ID:HTpY0sie

12,7mm 900発/分 15発/秒 200発  13.3秒
20mm  550発/分 9発/秒 125発  13.8秒

射撃時間はあんまり変わらない

20 :名無し三等兵:2018/07/29(日) 03:33:54.93 ID:Uvtlz++g

機首に集中&弾道がいいからこそ有効に機能するのさ
尤も疾風は迎撃用に30mm積んだのもいるし、20mm4丁とかいうのもある
F8Fもちょうどそんな感じだったっけ

21 :名無し三等兵:2018/07/29(日) 08:10:49.75 ID:AtNU8XBQ

12,7mmブローニング弾薬は第一次大戦でパーシング将軍が
ドイツの13ミリ対戦車ライフルに30-06では対抗できないと12,7mm銃を要求したものである
13ミリのタンクゲベールは「象打ち銃」といわれ、25ミリの装甲板を撃ち抜いた
これは全ての戦車を撃破するに足る性能だった

アメリカはタンクゲベール銃を捕獲してテストした所、13,2ミリはあらゆる性能で
試製12,7ミリを上回ることを確認された。そこでドイツの弾をそのままコピーすることが有力視されたが
タンクゲベール銃は名作と名高い7,92ミリボルトアクション、モーゼル歩兵銃の図面をそのまま拡大して
急造の13ミリにしたもので反動が極めて強烈、人間の限界で使いづらいというのもアメリカ人に衝撃を与える

「13ミリは無理。12,7は、対空用で飛行機に有効であればいい」との決断で
12,7ミリを高速化して、なんとか採用にこぎつける。当初は12,7ミリももちろん対戦車ライフルであったが
外国より小さい玉では威力不足は懸念された
しかし対空兵器なら、飛行機のアルミエンジンや真鍮製ラジエータを撃ち抜き、破壊できればいいわけだ

ロシアが模倣し対戦車ライフルを大量に製造して第二次大戦の前半で主力としたのを見ても
またアメリカで模倣して50ブローニング銃を生んだのをみても世界的な影響極めて大きく
戦後のベルサイユ条約でドイツ軍は、大型ライフルの所持禁止を言い渡された
ナチドイツ軍がアニメで有名な対戦車ライフルをあまり使わないのは条約で禁止されてるうえ
効果の割に製造に手間がかかる兵器だったからである

22 :名無し三等兵:2018/07/29(日) 08:45:19.56 ID:AtNU8XBQ

ソ連軍では対戦車ライフルのテストの結果、127ミリで既に人間の限界であり
これでは戦車の装甲にたいして効果は薄い
さりとてこれ以上の高威力のライフルは人間に扱えない、というジレンマに陥った

しかしドイツとの開戦で兵士の健康を言ってはおれず、さらに大威力の
14,5ミリの単発ボルトアクション、デグチャレフ対戦車ライフルシリーズを製造する

単発銃ではあるが、構造は半自動の対戦車砲に近く、排莢は自動化されている。
そのため、速射性はオートマチックに大きく劣るものではなかった。
この14,5ミリはソ連の対戦車主力となる
3号・4号戦車の側面装甲を貫通でき防弾ガラスの覗き窓を破壊して乗員を死傷させる

ドイツ軍は覗き窓を溶接で埋め、補助装甲スカートを側面に装着することで対抗した。
さらにはティーガー・パンターなど、より重装甲の戦車が登場すると、撃破するのは極めて困難になった。

17 :名無し三等兵:2018/07/28(土) 16:31:04.24 ID:uP71m1jV

どっちかとゆーとタマ切れで当てるチャンスが少ない方が問題なんではないか

24 :名無し三等兵:2018/07/29(日) 16:54:40.50 ID:Uvtlz++g

>127ミリで既に人間の限界であり これでは戦車の装甲にたいして効果は薄い
戦車バケモノすぎる…

25 :ごっぐ :2018/07/29(日) 20:04:27.69 ID:yk7ZwCJh

127ミリ対戦車ライフルまでなら扱えるという結果だったのなら、戦車よりそのソ連兵の方が怖いw。

わりと防弾が貧弱な日本機相手でも米軍は戦闘機に20ミリ機関砲を欲して、結局はそう変わって行ったんだよな。
航空機の機関砲としてはM2は故障が多かったというのもあったようだが。

26 :名無し三等兵:2018/07/30(月) 00:13:17.89 ID:n15YGNTo

>>25
その割に朝鮮戦争まで12.7mmのままだよなぁ
アメリカの航空機関銃の発達史は複雑怪奇

27 :名無し三等兵:2018/07/30(月) 00:48:22.54 ID:hrfjuu1F

軍隊はいちど一つの兵器を採用して生産し弾薬も備蓄すると、そこから変えるのは
よほどのことがないとしない

英国の戦闘機が7,7ミリ機銃の多連装にこだわったのは、303ブリティッシュ弾の備蓄
が70億発もあって、戦後も世界中にあまっており、7.62×51mm NATO弾と置き換えられた
1950年代、豪州やカナダでタダ同然で放出され
ハンターは被甲弾の頭をヤスリで削り、鹿撃ちなどに利用した

大英帝国は世界中に歩兵銃の弾薬がある、それを共用できるということは
タダ同然で無尽蔵の資源があるということになる。だから12丁の機関銃をつけるという
大盤振る舞いで7,7ミリ弾をばらまいた

それ自体は威力がなくドイツ機は致命傷にならないとは言え、ショットガンで
うたれたように穴だらけになり、帰投してもスクラップになる機体が多かったという
また数撃ちゃ当たる式で、パイロットも死なないが重症を負うケースが多かった、

28 :名無し三等兵:2018/07/30(月) 06:46:57.67 ID:yyxOXEj4

日本の場合は基礎的な工業力が無かったから
栄より以降のエンジンを安定量産出来なかった。

同様の事情は機銃にもある

29 :名無し三等兵:2018/07/30(月) 10:06:55.39 ID:usfDeJC+

>>28
99式2号4型はローテクの塊ではあったものの
取り敢えず世界水準やや下くらいは出してたし
ホ5もまぁ及第点だと思うけど

30 :名無し三等兵:2018/07/30(月) 11:30:10.87 ID:DtGyrG1/

>>19
いや99式1号銃なんかだよ
イスパノ20mmも装弾数は少ないが

>>26
M39まで20mmの開発に失敗しまくった、かつ「大至急戦力化しなきゃいけないわけじゃなかった」てのが理由じゃまいか

33 :名無し三等兵:2018/07/30(月) 19:15:16.06 ID:hrfjuu1F

ソ連のヤコヴレフ戦闘機は標準武装として
20ミリのShVAK機関砲と7,62ミリ機銃を装備した

やがて7,62ミリはおろされUBS12,7ミリ機関銃を装備することになる

UB機銃、つまりベレシン12,7ミリはソ連邦の誇る会心の機関砲であって
ソ連の独自規格により12,7×108であり50ブローニング弾より一割ほどカートリッジがながく
威力も二割ほどうわまわる
英国からレンドリースされたハリケーンも7,7ミリはベレシンに交換されたという

フィンランドもこの鹵獲したベレシン機銃が気に入り火力の弱そうな旧式戦闘機は
ベレシンに交換して回った
なおソ連が当初採用した20ミリは、20×99であって威力的には不足とされる

のちに待望のVYa-23、NS23機関砲、23ミリに代えられてゆく
VYa-23の23×152弾は、戦車を貫通されることを期待された野心作
反動があまりに大きく設計者はスターリンに23ミリ砲で銃殺されたとつたえられる
対戦車砲の利用も、パンターの上部装甲がましたため、無理となるが
戦車以外ではすさまじい破壊を示した

この反省に立ち、NS23は23×115と小さい薬莢に重い弾を飛ばすようになり威力は大きい
ドイツの30ミリMK108も 80ミリとみじかい薬莢に重い弾を飛ばす設計であり
けっきょく大戦末期のドイツもソ連も、軽量な大口径機関砲有利と判断したようだ

23×115弾で、朝鮮戦争のB29を多数撃ち落とされて米軍ははじめて狼狽する

35 :名無し三等兵:2018/07/30(月) 21:59:14.37 ID:3XpaFfXZ

まあ夜間迎撃機はイスパノ積んでるし、数の利で押せるなら12.7mmでもいいけど一撃必殺の20mmも欲しいってこっちゃろな

42 :名無し三等兵:2018/07/31(火) 09:16:41.79 ID:+2uhALdP

>>34
だから間に合わなかったって話では
射撃機会の少ない夜間戦闘機は20mmだし、
特攻機の脅威が高まった時期には実際、
12.7mmの威力不足は指摘されてる

43 :名無し三等兵:2018/07/31(火) 09:26:18.70 ID:+2uhALdP

>>38
要望程度ならそりゃ前からあるよ
よく言われる小口径多銃主義なんてものは存在しないつか
単発戦闘機でも6丁程度は積みたい、と7.62mmよりは大口径大威力で、
ていう要望で現実的にM2が使えたってだけだし

48 :名無し三等兵:2018/07/31(火) 20:22:21.62 ID:noHxTEga

>>34
間に合うわけない→実際間に合ってない
問題ないなw
アメリカなら12,7mmじゃ落としきれなくて突破を許す事が予測出来て当然
其の上で敢えてM2を使用してた・・・とか本気で思ってなければ出ないレスだわ

51 :名無し三等兵:2018/07/31(火) 21:58:58.65 ID:rdjXdtQu

ID:noHxTEga
妄想だと自白して草
永遠にROMってろ素人w

52 :名無し三等兵:2018/07/31(火) 22:01:22.43 ID:rdjXdtQu

>>47
防弾対策がゴミだったってソース出せば一発だろうにw

米側の鹵獲機調査で「12.7mmには無力」と報告されているんだが
ソースだして1発だなw

56 :名無し三等兵:2018/08/01(水) 02:42:48.84 ID:kk55Ipv4

ないよかマシ

66 :名無し三等兵:2018/08/02(木) 14:37:06.14 ID:Utzl786M

>>52
まるで要点が足りてないのにソースになると思ってるそのおめでたい頭が心底不思議だが
隼の××××に「ブサ厨が〜」とか抜かしてた文盲だっけ?なら理解できなくても仕方がない

何処がダメか指摘してやれば
前期型(耐7,7mm)なら同意
後期型(耐12,7mm)なら否定

74 :名無し三等兵:2018/08/07(火) 00:03:35.01 ID:UWXkLIQ7

文盲扱いされておこ?激おこ?
>>73
F6FやP-47より鈍くなるなら考え物だけどそうじゃないし
疾風の場合問題は稼働率及び整備状態における性能低下だからな

126 :名無し三等兵:2018/08/12(日) 12:18:01.19 ID:WODtNPZN

ぶっちゃけ四発重爆だけで一万機以上撃墜されちゃうような空の地獄だったヨーロッパとかスーパーエースがいても不思議ではないと思う

飛行機自体、複数回の任務にあたれるようにアクセスハッチから弾薬搭載まで簡単にできるってのはスゴイ

195 :名無し三等兵:2018/08/14(火) 01:10:18.23 ID:oQkBPF7b

>>181
>単に中国内戦を政変として受け止めていいのか悪いのか判断つかなかっただけだろアホだつお

大陸打通作戦は我らの四式戦とチハ戦車がチンピラゴロツキどつき回して中華民国を完全撃破した栄光の大勝利。
これに文句をつけるのは反日中共の謀略工作でしかない。そもそも中共は打通作戦の敗戦利得者なのだから。

『中共軍は赤軍と共同して日本の関東軍を撃破した』?
『日本軍はB-29に歯が立たなかったが、中共のミグはB-29をバタバタ撃墜した』?

    馬 鹿 も 休 み 休 み 言 え よ !

271 :名無し三等兵:2018/08/19(日) 08:17:10.69 ID:4VyTUHSY

>>270
ジャイアントキルは大抵あこがれだろう
もっとも国力はじめジャイアント側はアメリカなんだがw

342 :名無し三等兵:2018/09/09(日) 18:23:46.94 ID:QHiXoGu2

>>7
>一式戦・隼についても「低空で戦うのは危険」という注意書きが残されていたのにね

ロシア国営通信は、空中戦の大半が低空だったことを誇らしげに書いているぞ?

25. 15歳のサーシャ・チェカリンとリョーニャ・ゴリコフ、14歳のヴァーリャ・コチク、マラト・カゼイ、
ジーナ・ポルトノワの、学校の生徒5人が、独ソ戦のソ連邦英雄の称号を受けた。
26. 戦中の戦闘に参加したのは計3447万6700人のソ連の軍人。
27. ラヴォチキンの軍用機の一部部品(けたと小骨)は、国内の深刻なアルミ不足により、
デルタ合板でつくられていた。スターリン自身が材料の品質を確認した。
28. 空中戦の大半は最大4500メートル上空という高さで行われていた。

大祖国戦争の33の事実
https://jp.rbth.com/arts/2015/06/22/33_53353

419 :名無し三等兵:2018/09/14(金) 21:40:34.92 ID:VJeQHQmL

主桁は上下の端が、強度に重要なんで上下の桁の間の高さの6割くらいの
径の穴ぐらい問題ない

548 :名無し三等兵:2018/09/23(日) 00:58:14.21 ID:Iom2RmD4

どや顔で常識語られてもどうしようもないな
逆に隼と巴戦出来る機体もそうないだろうが

仮にずっと日本が戦争を優位に進めてた場合は空戦のメインは低空になるから日米機の評価は大きくかわるだろ

615 :名無し三等兵:2018/09/24(月) 01:44:34.77 ID:9vKjVmxF

>>613
上空飛んでたら相対位置の変化が分かり難いだろ
着陸時は操作で何が起きるか分かりやすいって話

734 :名無し三等兵:2018/09/27(木) 10:24:07.23 ID:smNxqybP

>>723
とりあえず恥さらしな珍説晒しageするわw

864 :名無し三等兵:2018/10/08(月) 14:59:47.18 ID:fxMYniBv

いやそうじゃなくて、エンジンパワーに対して機体強度が足りないって話
スピットファイアの場合、Mk.VIIIのピンチヒッターとして機体がMk.Vのままパワーアップしたエンジンを載せたMk.IXや、後のグリフォンスピットがパワーに対し機体強化が追いつかず、機動に制限があった

901 :名無し三等兵:2018/10/10(水) 13:32:19.31 ID:bkCgf9nE

>>893
逆に1500馬力空冷の五式ではP-51相手にするのが厳しいと考えて
三式戦性能向上型に期待してるわけです

967件をまとめました。
最新情報はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする