相互RSS


【重力加速度】戦闘機パイロットはいかに強烈な「G」と戦う? ジェット戦闘機のネック その対策とは[04/12]

1 :しじみ ★:2019/04/12(金) 12:15:19.78 ID:CAP_USER.net
「G」はなにも物理の授業だけのものではなく、エレベーターやクルマなどでも感じられる、身の回りにありふれたものでもあります。これが激しく大きい戦闘機の場合、どんな影響があり、どのような対策をしているのでしょうか。

■そもそも「G」ってどういうもの?

戦闘機やレーシングカー、宇宙ロケットなど、高速な乗りものと「G」は切っても切り離せないものです。そうした特別な乗りものでなくても、クルマの急発進時や旅客機の離陸時にシートへ身体が押し付けられたり、あるいはジェットコースターでコースの山の頂点にてふわっと浮いたようになったりと、Gを感じるシーンは身近なところにもあります。

ここでいう「G」は加速度、つまり、速度変化するときに物体に働く力の大きさ(比)を表す単位です。その力の大きさの基準(ものさし)となるのは、地球上で物体が自由落下する際の加速度、すなわち「重力加速度」で、これは実際のところ極地と赤道上など地球上の地点により少しばかり異なるものなのですが、上述した「G」はすべて「単位としての重力加速度」を表しており、9.80665m/s2(「S2」は乗数。毎秒、秒速9.80665メートルずつ加速する、の意)と規定されています。

 JAL(日本航空)の「航空実用辞典」によると、旅客機が離陸する際の、後方向のGはおよそ0.3Gから0.5G程度で、垂直方向のGは1.2Gから1.3G程度(重力に加え0.2Gから0.3G)といいます。前者を簡単に言い換えるなら、「地球に引っ張られる力の0.3倍から0.5倍程度の、後ろ方向の力がかかった」ということになります。逆にジェットコースターで浮いたように感じるのは、垂直上方向にGがかかる、すなわち垂直下方向である地球の重力に対し、マイナスのGがかかるためです。

 旅客機の例のように、小数点以下でもそれなりに大きな力を感じるGですが、これが戦闘機になると、急旋回時などに3Gとか5Gなどといった数字が普通に見られるようになります。5Gともなると、地球に引き寄せられる5倍の力がかかるわけで、体重60kgならば300kgに感じる大きさです。ジェットコースターにも、最大4Gを味わえるものがあるそうですが、ほんの一瞬のことであり、戦闘機は場合によって、その状態がしばらく続くこともあります。そしてそれだけ大きな力がかかり続けるとなると、もちろん、体にも影響が出てきます。

■強烈なGがかかり続けると…?

戦闘機が旋回する場合、機首を上げ機体上部を旋回の中心に向けたほうが、旋回半径が小さくなります。そのため、緊急時などを除いて機首を下げるような動きはほとんどありません。よって通常、「戦闘機が旋回する」という場合は機首を上げての動きであり、このときパイロットには、下半身方向へGがかかります。これを「プラス方向のG」といいます。

戦闘機が旋回し続け、パイロットにプラス方向への大きなGがかかり続けると、やがて体内の血液は下半身に集まり始めます。脳への血液供給もとどこおり、するとパイロットの視界は次第にぼやけてきます。やがて視界から色調が失われるグレイアウト、視界が失われるブラックアウトなどが起こり、さらに強いGがかかると、意識を失う「G-LOC(ジーロック)」に至ります。G-LOCそのものは、人体に悪影響をおよぼすことはないといわれていますが、戦闘機パイロットが飛行中に意識を失うことが、どれだけ危険なことなのかは考えなくてもわかります。実際、G-LOCが原因の航空機事故は、過去に何度も発生しています。

 このGがおよぼす影響は人体だけでなく、もちろん機体にも大きな負担になります。機体は材料の工夫などで対策できますが、では生身の人間であるパイロットは、どのようにしてGに耐えているのでしょうか。それは、着用している装備に秘密がありました。

 航空自衛隊の戦闘機パイロットたちは、みな一様に緑の「フライトスーツ」と呼ばれる飛行服を着用しています。その上に、上半身には、万が一不時着した場合に使用するサバイバルベスト、そして下半身にもなにやらズボン状のものが見られます。この下半身の装備が、大きなGに耐えるための「耐Gスーツ」と呼ばれるものです。

乗りものニュース
https://trafficnews.jp/post/84990
続く)

2 :しじみ ★:2019/04/12(金) 12:15:33.84 ID:CAP_USER

続き)>>1
■耐Gスーツの原理と機体そのものへの工夫

「耐Gスーツ」は、脳や上半身の血液の降下を抑えるために開発された装備です。原理としては、エンジンから発せられる抽出空気をスーツ内のいくつかの袋に送り込み、その圧力で下半身を締め上げ、血液の降下を抑制するというものです。最大でマイナス1.5G程度の耐G効果があるといわれています。

 加圧のタイミングは、機体へかかる負荷が2G程度になると、自動で作動する仕組みになっているといわれています。Gが強くかかるほど、耐Gスーツには多くの空気が送り込まれ、パイロットの下半身を圧迫します。その圧迫はかなり強いようで、話を聞いたアメリカ海軍のパイロットによると「最大圧近くまで圧迫されると足を曲げることができなくなる」とのことでした。

このほか、実は機体そのものにも工夫が施されています。それが座席の背もたれ角度です。

 Gに耐える工夫として、脳と心臓の高さを極力同じにするという方法があります。脳と心臓が同じ高さにあれば、脳の血液が降下することも無いという理屈で、極端にいえば、コクピットに寝そべってしまえば良いというものです。しかし、そうなると周囲の状況確認や操縦することが困難になり、戦闘どころではないでしょう。過去には、うつ伏せで操縦する機体の開発も行われましたが、どれも実験機が登場しただけで、実用化されたものはありません。

 この背もたれの角度ですが、たとえば航空自衛隊F-2戦闘機の場合には約25度の傾斜が付けられていて、F-16戦闘機の場合は30度程度になっています。座席をこの角度まで傾けることによって得られる効果は、マイナス1G程度であるといわれていて、耐Gスーツと合わせると、おおむねマイナス3.5Gほどの効果があるといいます。

 こうして、パイロットにかかるGに対する様々な工夫が施されている戦闘機ですが、パイロット自身も普段から自分の体にGの負荷をかける訓練を行ったり、呼吸法などによって自分自身で血流をコントロールしたりしています。

 戦闘機パイロットは、与えられた作戦を遂行するために、目やレーダーで見えている敵のほかにも、目に見えないGとも常に戦っているのです。

乗りものニュース
https://trafficnews.jp/post/84990

3 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 12:17:20.60 ID:urZr9YFA

用件を聞こうか・・・

4 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 12:21:48.40 ID:6hS87XWo

とっとと無人化すればいい
空戦みたいなやれることが限られた状況はAIの得意分野でしょ
人間の脳を取り出して判断させる方向でもいいぞ

5 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 12:22:58.51 ID:PRHhPK6w

5Gって怖いんだな

6 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 12:33:50.87 ID:SWAwBtSG

F101の時に最後の有人戦闘機と言われてからウン十年たってるがねー

7 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 12:39:09.80 ID:jIk5DwlI

なんで有人なん?

8 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 12:42:42.12 ID:UG4YYvse

上方向へ旋回するのではなく横方向へ旋回するような設計にすればいいんじゃないか?

9 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 12:43:59.96 ID:tno3Yf/O

今の戦闘機なんて機銃で撃ち合わないんだし、AIで良いと思うんだけどね
人を乗せる事を考えないのであれば、もっとコストも下げられるやろ

10 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 12:53:22.32 ID:/RVoyeCD

女性パイロットは女性器に特別の対策するとか聞いたな

11 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 12:53:27.26 ID:ar9EqG0C

頭真っ白にならないように自慰スーツってのを着るってきいた

12 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 12:57:54.09 ID:JQ46wG/Z

だから今は有人機の周りに無人機飛ばしてそれらにドッグファイトや
ミサイルラウンチや哨戒を任せる構想もある

13 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 13:00:09.77 ID:zguR4pFN

Gが強い市販バイクや車のランキングは?
>>5
高齢だと、目の毛細血管が柔軟性が無いから

14 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 13:00:34.27 ID:RyOVxYe5

まあだんだんドローン対決なんだろうな

15 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 13:03:31.71 ID:Jfjp9AjN

ベジータが笑ってるわ

16 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 13:05:12.35 ID:P1oDoTdR

AI自律兵器(所謂ロボット兵器)に期待してる奴は何なんだろう・・・

アメリカはともかく、日本がAI自律兵器の禁止条約締結を呼びかけ
世界にさきがけて動いてることを知らないのか?
3月のジュネーブの国際会議で「AI兵器規制」を安倍内閣が提唱したばかりだ

日本はAIによる自律機動でAI判断による攻撃する兵器
所謂ロボット兵器の開発はやらないわけ。(舌の根も乾かないのにできるわけもないが)
アメリカから導入する考えもない

無線誘導では問題がありすぎて運用は難しい
だからアメリカはAI自律兵器に傾いてる
F16を改造して自律機動の戦闘機にして実験してるが(飛行〜攻撃に成功したそうだ)
日本ではこれはできないわけだ

17 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 13:08:52.75 ID:n/pBP5VL

>>3
宇宙空間で仕事をしたこともあったな

18 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 13:17:11.06 ID:B4gJ5j9k

その5Gだが・・
早ければ年内には一部解放される。
本格運用は来期だが、どうするこの電波!。
周波数が高いため遠くまで届かない、勢い中継局を増やさないといけない。
身の回りは強力電波だらけだ。人によってはめまいや耳鳴りが起きる。
皮膚の弱いしてはかゆみをもよおす。目のかゆみを訴えた事例もあるとのこと。
目をこすり過ぎると白内障の原因になると夕べのTV番組からの押し売り。
5G時代はもうすぐそこに来てますよー。

19 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 13:20:46.04 ID:5PbsKHeW

ジェット戦闘機並みの機動力を持ったG
恐ろしいな

20 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 13:21:07.59 ID:PG3tEWEd

AIでやればとか簡単に言う意見が良くでるが、まずは全周の状況認識に集約、融合、処理決定とどれだけのCPUが必要なんだよ。
人間であれば経験や勘から予測が可能だが、AIでは予測させるのにプログラムが膨大となってしまい現状じゃ追いつかない。

領空侵犯機に関しても、戦争状態でない状況下での不明機に対して微妙な判断を求められる処理をAIじゃできないだろ。
その場合、通信すればとか言われるかもしれんが、AIで対処できない状況でジャミング掛けられて落とされたら奇襲攻撃されてレーダーサイトやら基地やら壊滅だぞ。

21 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 13:25:15.66 ID:P1oDoTdR

まぁアメリカは無人機だけの攻撃飛行隊というのは考えてないようだがね
F16のケースではウイングマンでの活用のみを考えてる

人事上の問題が主だと思われる
・軍パイロットは空陸海を問わずAI無人機を毛嫌いする。軍上層は彼らの反発は無視できない
・優れた技量のパイロット確保に苦労している(女性どころかLGBTでも優秀なら活用したいのが軍上層の本音。トランプは違うようだが)
 ウイングマンを務められるほどの技量のパイロットなら猶更だ

さらに無人機は攻撃には強いが、守りに入ると脆弱だ(機械には「何かおかしい、危ない」というような思考まで期待できない)
というのは懸念されてるらしく、有人機との混成部隊がベターだと考えてるフシはある

22 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 13:25:57.44 ID:w3Snnbzo

G=ゴジラ or ゴキブリ

24 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 13:29:29.13 ID:DulzLHxp

何で寝そべるタイプの操縦席にしないんだろ

25 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 13:39:14.67 ID:P1oDoTdR

まぁ自動運転車のAIよりは戦闘機の方が楽なんじゃね

車に比べて容積はでかいし、電力・熱問題も車に比べれば対処しやすい
道路状況が千差万別で標識も言葉も違う・・ってこともない
飛ばして着陸させて攻撃させるのは単純と言えば単純

自動運転の難易度は
(難)大型船>>>>>>>>>>>>>>車>>>>飛行機(易)
って言われる

26 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 13:43:25.39 ID:P1oDoTdR

船は何もない晴れた低気圧のおそれもない洋上をプカーと航海させるなら簡単で実用化してるが
狭い海峡、浅い水深、スコールなどの悪天候、加えて過密航路では衝突の恐れがありすぎてね
どんな海でも自動運転させられるものではない

加えて船は簡単に機動変更できないシロモノで、2キロ先に船影発見→「回避できません」→ドッカーンがあるほど
自動運転には向いてない乗り物

27 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 13:49:04.67 ID:Q51dUF2N

NASAでパイロットの賄いやってるおばちゃんだけど質問ある?

28 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 14:05:30.33 ID:iavN39TS

三菱が悪い
パイロットのせいにするな

30 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 14:10:58.90 ID:PVdO4ERU

人間の判断力がどうしても必要になるんなら、
R-Type方式にすればいいYO!

31 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 14:18:47.73 ID:UL+5POjA

無人衛星も実は地上からコントロールしてるってTVでやっててワロタ
AIはアホすすぎて無人化は永久に無理じゃないかとかいってたな

32 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 14:43:08.58 ID:VE0fu2Ni

戦闘状態なら
マッハは厳しい

33 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 14:55:35.85 ID:P1oDoTdR

しかし、このテの話題で付き物の「屁」が出てこないよな

潜水艦のウンコシッコと戦闘機のプリッと屁こく問題は、実は重要だというのに

34 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 15:02:29.37 ID:J2NkykJb

まもなく世界経済が崩壊します、通貨は廃止、株式市場は閉鎖、自殺者、失業者が大量に出ます。

その絶望的な状況のさ中に、世.界脅威マ.イトレーヤが、匿名でテレビ出演します。

彼は、分ち合い、原発の全廃、を説きます、世界中のあらゆる言語で語ります。

その間、世界でUFOが益々、目撃されるでしょう。

そして『大宣言』というテレパシー世界演説を行います、世界同時生放送されます。

35 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 15:12:49.14 ID:VE0fu2Ni

お禿げ総裁かと…思うた

36 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 15:13:54.26 ID:d6PoTSHO

セイラ「Gがこんなにスゴいなんて…」

38 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 15:33:35.67 ID:P1oDoTdR

どうかねぇ?低圧訓練とかは流石にきちんとやってるでしょ
とはいえ耐Gスーツやら酸素マスクの不具合とかだと判らんけどね

F35は酸欠事故が17年に6回起きてるけど原因不明だそうな

40 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 15:39:17.66 ID:2t6dz4SE

米海軍のブルーエンジェルスはGスーツも酸素マスクも使わないのが伝統

41 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 15:40:37.76 ID:BoZJs5Et

ドローンの遠隔コントロールなら今でもやっているが
将来的には無人化、自動化しかない
そういう方向に投資し続けているから必ずそうなる

43 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 15:49:21.59 ID:P1oDoTdR

>>41
日本以外ではそうなるかもだが、日本はその道は安倍内閣挙げてのAI兵器制限の呼びかけで
閉ざされた

ロボット兵による歩兵代替なんてことは、日本ではもうありえないから覚悟しときw

44 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 15:51:22.25 ID:8UzJ4NZd

>>1
いつまで人乗せてんだよ、自家用車でさえ自動運転の時代に、危険極まりない
野蛮な戦闘用の機械には、もう、リモートかAIしかないだろよ。

45 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 15:51:45.90 ID:K1yvbKYu

たしかに無人化とかすれば
もうGとか酸素がどうとか
人体の限界は関係なくなるね

47 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 16:01:51.33 ID:K1yvbKYu

アメリカ国内の基地で
オフィスに勤務するような生活しながら
中東で無人航空機で爆撃
なんて話を聞くけど
どれぐらい本当なんだろうか
日本ではそんな話きかないな
まあ自衛隊の場合、爆撃するようなこと自体がないんだろうけど

48 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 16:07:04.41 ID:Gu1NMDkz

>>40
音楽コンサートは生で演奏するのが偉い、みたいなもんか

49 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 16:10:05.52 ID:lLvhwRnj

××××タイでEDFの光景が浮かんだw

51 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 16:17:52.85 ID:26vpbDke

>>23
国際法規の判断が出来るAIなんて、今の技術じゃ無理。
例えば、「攻撃を受けたら反撃する」って単純なロジックでも、相手が「攻撃の意思を持っているか」等々を判断しなきゃならない。
それ無しだと、南朝鮮に攻撃レーダーを照射されたら、即反撃する危ない代物になる。

52 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 16:32:51.25 ID:ArwGdXQe

>>23
何十億もの人命を預ける程の信頼性は無いよ
キューバ危機やAble Archer 83に類するような状況で適切な判断を下せるのか怪しい
ほぼ無人で飛べる現代の旅客機でも、センサー系の誤作動は実際は頻繁にあるしね

53 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 16:48:11.98 ID:fYP+cdhQ

全部は無理だとしてもパイロットが意識失ったときの自動補助装置くらいできないものか
パイロットが意識失えば墜落も仕方ないのかどうなのか

57 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 17:10:21.80 ID:f71mdQOs

車の自動運転AIがなぜ難しいかというと、
画像認識での地形や他車の判定が厳しいから

低空飛行でもしなければ障害物がほぼなく、
よほどの事が無い限り他の航空機も飛んでない空なら簡単
画像認識などさせずレーダーやセンサーで十分だからな

56 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 17:02:02.61 ID:ED2jb+vL

>>51
それが正解。火器管制レーダー照射するのは攻撃と同義。

55 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 17:00:21.55 ID:UEkA1PUN

>>1
必殺マイナスG
こっちの耐性は低い

58 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 17:14:03.03 ID:qQ2m6b7K

>>26
船舶の自動運行なら当然海図やAISの情報を参照するようにするだろ
何でカメラの情報だけで運行することになってるんだ

60 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 17:20:34.37 ID:qQ2m6b7K

>>53
一応、Auto-GCASという自動地面衝突回避システムはあるが、
単に水平飛行に戻すだけのシステムなので当然戦闘には活用できない
一応その時の動画があるが、モノクロのヘッドアップディスプレイの動画なのでいまいち分かりにくいけど
ttps://www.youtube.com/watch?v=WkZGL7RQBVw

そもそも戦闘行為までできるシステムがあるなら無人でそれ使えって話だし

62 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 17:24:01.71 ID:XebSdU+k

日本はAIにより自律機動する兵器を研究している
但し当然最終的な攻撃判断はAIに任せず人間がやる

63 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 17:34:00.29 ID:P6sMiR/J

Gスーツって意識飛ばないために下半身に圧を加えてるんだよな 心臓に血液流すために
今、思えば、昔見たマクロス(劇場版)の飛行服は手足の部分が太かった
アニメの設定考える奴ってすごいよな 手塚治虫にしろ予言者じみている

64 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 17:36:07.41 ID:VtBBbPKx

Gに打ち勝つことはできても、自慰に打ち勝つことはとても難しい。

65 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 17:55:43.10 ID:qQ2m6b7K

>>61
それは現状でも何も変わらないので自動運行と何も関係ないからw

船舶の自動運行技術で解決が必須とされているのが
船舶の衝突回避、港湾での運用、見張りの3種。
どれも今のところ問題なく開発進んでる。
コスト高いから最初は大型船のみになるけど、一応、2025年には自動運行船舶がでてくるとされる
まあこういうロードマップはいつも遅れる運命だし、無人運行はできないだろうけど

66 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 17:57:31.53 ID:J2NkykJb

まもなく世界経済が崩壊します、通貨は廃止、株式市場は閉鎖、自殺者、失業者が大量に出ます。

その絶望的な状況のさ中に、世.界教師マ.イトレーヤが、匿名でテレビ出演します。

彼は、分ち合い、原発全廃、を説きます、世界中のあらゆる言語で語ります。

その間、世界でUFOが益々、目撃されるでしょう。

そして『大宣言』というテレパシー世界演説を行います、14歳以上に、世界同時生放送されます。

【令和】 徳仁 VS 世.堺教師マiトL-ヤ 【分合】
http://egg.5ch.net/test/read.cgi/emperor/1554258711/l50
【踏み間違え】 コンビニ駐車、車庫入れに、赤信号
http://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/conv/1553840010/l50

67 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 18:02:30.25 ID:D0dDdLCb

>>12
ミサイルウンチにみえた

68 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 19:00:55.79 ID:8VbTbLH6

ハンモックに寝た形でゴーグルの画面を見ながら操作すればいい。
窓・キャノピーという弱点を無くすこともできる。

69 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 19:51:26.72 ID:h6W87zjt

>>6
> F101の時に最後の有人戦闘機と言われてからウン十年たってるがねー

最後の有人戦闘機と呼ばれたのは航空自衛隊でも使用したロッキードF-104スターファイターね(マクダネルF-101ヴードゥーではなくて)

ついでに注意しておくと、「F101」とハイフンなしだと軍用ターボファンエンジンの型式名称になる(F101はB-1B可変翼戦略爆撃機のエンジンとして使われている)
戦闘機の型式名称の場合は「F-101」と必ずハイフンを付ける(頭の「F」は戦闘機を表す用途コード、爆撃機ならば「B」、攻撃機なら「A」、輸送機なら「C」、等々)
これがアメリカ軍の航空機関連の型式名称に関するルールの一部で日本もそれ真似た型式名称の付け方をしている

70 :名無しのひみつ:2019/04/12(金) 21:58:14.37 ID:b/4UBXDK0

-1G〜9Gに変化に対応するパイロットは
異常!
動画見たら目が回ってしまう。
機体性能上がってるのだから人間がやる仕事は終わった。

71 :ニュースソース検討中@自治議論××××:2019/04/12(金) 20:37:46.83 ID:ZfksiYg2

ゴキジェットの黒が最強だよな

86件をまとめました。
最新情報はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする